特定健康診査について

 平成20年4月から従来の基本健康診査に変わり、メタボリックシンドロームの予防に重点を置いた特定健康診査が始まります!

 今まで倉敷市が実施していた基本健康診査にかわり、40~74歳の方は、それぞれが加入している国民健康保険や社会保険、共済組合などの医療保険者が実施する特定健康診査・特定保健指導を受けることになります。


  新しい制度を知って、せっかくの検診の機会をしっかり活用しましょう!

 

 

▲このページのトップへ

市が行う健康保険(国保持定検診、後期高齢者の検診、生活機能評価)の受け方

  1. 健康診査受診券が届きます。
    受診券を5月末日頃にお送りします。
    受診できる検診を確認しましょう。
    (保険の種類や、年齢、性別によって異なります)

  2. 受診する医療機関に連絡
    実施医療機関は、保険所だより(5月配布)を確認してください。
    地区会場(40歳~69歳以下の方のみ)は、別途案内をする予定です。

  3. 健康診査受診券と国民健康保険証を持って受診
    受診する際には、受診券と保険証(特定検診のみ)を必ず持参し、医療機関の受付で提示してください。
  4. ▲このページのトップへ

ホームに戻る 院長の挨拶 診療案内 在宅医療の案内会報バックナンバー交通アクセス リンク 在宅型有料老人ホーム 泉尾ハウス

クリニック組織図