在宅医療の案内

在宅医療制度

  1.尊厳と安心を創造する医療
  2.暮らしを支援する医療
  3.地域の中で健やかな老いを支える医療

  • 患者さんに主治医(かかりつけ医)を決めてもらい、24時間安心して居宅で療養できる制度です。
  • 他の病院や医院に通院する時は主治医に連絡願います。
  • 歯科、眼科、耳鼻科、皮膚科などの専門医の治療を受けれます。詳細は主治医に相談願います。

在宅医療計画

  • 24時間の対応(緊急時や病状の急変に迅速に対応します)
  • 2回/月以上の訪問診療が基本です。
  • 必要に応じて訪問看護ステーションを導入して連携します。もしくはクリニックから在宅患者訪問看護指導します。
  • リハビリテーションが必要な時は訪問リハビリテーション指導します。
  • デイサービス、ショートステイの利用の仕方、在宅療養に必要な器具(例えば電動ベッド、車椅子など)の相談に応じます。

連携医師

連携病院/訪問看護ステーション

▲このページのトップへ

在宅医療を算定した患者さん数

直近1年間(27年7月~28年6月)に在宅療養を担当した患者さんについて

自院単独での実績

合計診療患者数

84名

【再掲】死亡患者数

①+②+③+④ 22名

(1)うち医療機関以外での死亡者数

①+② 14名

ア.うち自宅での死亡者数

12名

イ.うち自宅以外での死亡者数

2名

(2)うち医療機関での死亡者数

③+④ 8名

ア.うち提携医療機関での死亡者数

8名

イ.うち提携医療機関以外での死亡者数

0名


▲このページのトップへ

訪問診療等の実施回数 自院・連携訪問看護

  • 平成27年7月~平成28年6月

往診 訪問診療 訪問看護
94回 2390回 2711回


▲このページのトップへ

連携している保険医療機関などの数

  平成21年
7月
平成28年
5月

(1)病院

3施設 5施設

(2)一般診療所

1施設 8施設

(3)訪問看護ステーション

5施設 5施設

(4)調剤薬局

12施設 12施設

(5)ケアマネージャー

12施設 12施設

【連携状況】

  • 夜間診療や24時間診療体制の確保のための連携をとっている
  • 緊急時の入院への対応を可能とするような連携をとっている
  • 在宅医療の研修を行うなど、在宅医療に関わる情報の共有化などの連携を行っている

 

▲このページのトップへ

連携病院

  平成21年
7月
平成28年
5月

(1)連携の内容を文書で定めている病院・有床診療所の数

3施設 5施設

(2)緊急時の入院先として確保している病院・有床診療所の数

2施設 4施設

 

▲このページのトップへ

ケアマネージャーとの提携状況

(1)退院時共同指導を算定の際、共同で指導する
(2)要請に応じて患者さんの診療情報等を提供する
(3)患者さんが看護サービスを利用している、あるいは必要とする場合は、積極的に連絡を取る

 

▲このページのトップへ

当院が在宅医療を行うにあたり、24時間の対応を可能とするために行っている事

(1)24時間対応に向けた基本方針

  • 他診療所との連携対応
  • 訪問看護ステーションとの連携対応

(2)24時間対応にあたり、在宅患者からのファーストコールを主に受けているのは

  • 主治医
  • 訪問看護ステーション看護師

(3)在宅患者の緊急時の初期対応

  • 自院の主治医が常時、往診に行く
  • 訪問看護ステーション看護師が在宅患者宅へ訪問する

(4)在宅患者に入院が必要とされる場合の対応

  • 連携している他病院に入院

 

▲このページのトップへ

患者さん、およびそのご家族等とのコミュニケーション内容

(1)緊急時の対応について、連絡先や方法などを文書で説明する
(2)患者さんの容態が急変した際に、家族がどのように対処するかを説明する
(3)患者さんが他の医療機関の診療を受けた場合にはその結果についての連絡を受ける

 

▲このページのトップへ

緩和ケアの状況

(1)緩和ケアについて患者さん、ご家族に説明する
(2)疼痛緩和のための医療用麻薬を処方する

  • 医療用麻薬の管理方法について説明を患者さん、ご家族に行う
  • 疼痛緩和のための医療用麻薬の管理等についての取扱について調剤薬局との連携を行う
  • 疼痛緩和のための医療用麻薬の投与量の調整等の取扱について訪問看護ステーションとの連携を行う
  • 医療麻薬についての説明は、文書、電話にて行う

(3)呼吸困難、消化器症状等の身体症状に対する緩和ケアを行う

(4)不安、抑うつ及びせん妄等の精神症状に対する緩和ケアを行う
(5)在宅での看取りに関して説明をする

 

▲このページのトップへ

緊急時の連絡方法について

緊急時は以下の方法により、順次ご連絡ください(24時間対応できます。)

 

樫原クリニックでは通院が困難な患者さんに対して、計画的な医学管理のもとに週1回以上もしくは月2回の訪問診療(自宅にて診察)を行っています。
安心して在宅での療養ができるように急に具合が悪くなったり、何か変わったことがあればいつでもご連絡ください

  1. 診療時間内
    主治医 樫原 又は担当看護師 青木、藁科、高木
    電話 06-6556-1170

  2. 診療時間外主治医 
    樫原 
    電話 06-6556-1170
    (留守番電話になっているときは電話番号、お名前を入れてもらえれば折り返しこちらから電話させていただきます)

  3. 1及び2で連絡が付かない場合には、連携医療機関である塩見医院にご連絡ください。
    塩見医院 塩見
    大阪市港区市岡元町2-11-4
    電話 06-6586-5000

  4. 緊急時入院体制として次の病院と連携しております

    済生会泉尾病院 06-6552-0091
    大正病院    06-6552-0621
    多根総合病院  06-6581-1071

 

▲このページのトップへ

ホームに戻る 院長の挨拶 診療案内 在宅医療の案内会報バックナンバー交通アクセスリンク
在宅型有料老人ホーム 泉尾ハウス

クリニック組織図